都立病院の看護師の給料・年収

看護師求人東京TOP > 都立病院 > 給料・年収

都立病院の看護師の給料・年収

東京都内に8つある都立病院は、看護師の転職先として大変人気があります。医療の最先端の現場で臨床経験を得ることができるメリットなど、その他にも魅力に思う点が多々あります。そのひとつが給料や年収の良さです。

都立病院は東京都の管轄になります。そこで働く看護師は東京都の職員、つまり地方公務員に属することになるのですね。よって、給料体系は公務員に準ずるものとなります。都立病院を含む公の医療機関を総括する東京都病院経営本部のホームページでは、新卒者の給料が紹介されています。

4大卒は約27万円、短大卒や3年過程卒で約26万円、2年過程卒では約25万円となります。年収は、月収にボーナスを加算したもので、おおよそ350〜400万円とされています。新人の看護師としては、高めの設定であることが分かりますね。新卒者でこれほどの給料・年収があるのだから、年齢が上がるとさらに額がアップすることが予想されます。しかしながら、都立病院の報酬の高さの背景には、民間病院とは少し違う状況が浮かびあがってきます。

よく言われているのが、都立病院では報酬は高いが仕事内容がハードであるといったことです。夜勤は月8回が平均とされています。民間病院では、夜勤専従と呼ばれる夜勤のみを行う人員を確保し、夜勤をこなすところが多いようです。しかし、都立病院は公の機関ゆえに、人員や医療財源に限度が設けられており、そうした人員確保は困難であるとされています。よって、都立病院では限られた人員で日勤や夜勤をこなさなければならず、必然的に過酷な労働環境となるわけですね。

仕事はハードだけれど、年収を重視する人にとっては、都立病院が魅力的な職場であることには変わりありません。公の機関だからこそのメリットも多いにあります。福利厚生がしっかりしているところもメリットのひとつですね。育児中の人が働きやすい環境作りとして短時間労働制度が設けられていたり、院内保育園の完備が勧められています。ブランクがある看護師向けの再就職支援研修も多くの人が利用しています。研修期間中は、東京都の臨時職員扱いとなり、賃金が支給される点も魅力的です。

公務員の厚遇を受けることができる都立病院の看護師への転職では、転職専門機関のサービスを受けることが便利と思われます。給与面だけでなく、労働環境など様々な情報を得ることができます。新しい職場への転職には、情報召集は必須条件です。看護師専門の転職サイトでは、数々の経験から個人では得ることができない情報を掌握していますので是非、利用しましょう。

都立病院の看護師求人をお探しならエージェントで検索!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国