災害医療センターの看護師求人を探すなら

看護師求人東京TOP > 災害医療センター

災害医療センターの看護師求人を探すなら

災害医療センターは、東京都立川市に位置する病院で、国立病院機構が運営しています。この病院では、血液内科や形成外科、リハビリテーション科などの多岐にわたる診療科目が設けられています。一般の病院と異なるのは、病院名にもあるように災害医療を中心としていることです。国内で何らかの大規模災害が生じた時に、即座に医療チームを派遣できるような態勢を整え、普段から専門性の高い訓練を積んでいます。

通常は急性期医療やがん診療をメインとしていて、地域医療の中で重要な役割をはたしています。救急救命科を設置していますので、地域の救急患者さんを常に受け入れています。救急医療に関しては高いレベルの治療を施すことができる体制を持っていますので、ここで看護師として学べることは多いでしょう。災害医療に関する研修や訓練も定期的に行っていますので、他の病院ではなかなか経験できないようなことが、ここで十分に味わうことができて、より専門的な知識と実務経験を増し加えることができるでしょう。

この災害医療センターは、国立病院機構の運営によって機能しています。そのため、この病院で勤務したいと思うのであれば、国立病院機構からエントリーする必要があります。基本的には、一年に一回年度の変わり目に合わせて採用がなされますので、その時期に合わせて情報を収集するようにしましょう。採用までの流れとしては、エントリー後採用試験と面接を受けることになります。その後、試験の成績と面接の結果を併せて選考がなされ、合格したらリストに載せられます。

このリストは、あくまで採用候補者ということで、すぐに配属が決まるというわけではありません。そのリストは成績順に並んでいて、成績の良い人から順にエリア内の欠員が生じている病院に採用されていくことになります。つまり、この方法は、看護師は自分では配属先を決定することができないということを指します。災害医療センターに配属を希望しても、すぐにはそこで勤務できるわけではありませんので、あらかじめこのシステムについて知っておくと良いでしょう。

国立病院の看護師は公務員と同じような立場になりますので、保険制度を始めとする充実した福利厚生の制度から恩恵を受けることができます。なによりも、民間病院よりもずっと安定した雇用となりますので、安心感を持って働き続けられるというメリットがあります。こうした利点を理解して、積極的に応募すると良いでしょう。

災害医療センターの看護師求人はエージェント経由で!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国