小児科の看護師求人情報

東京の小児科の看護師求人を探す

小児科を希望する看護師にとって「子どもが好き」だというのは絶対に必要な要素ですが、実際にはそれだけで務まるような簡単な職場ではありません。子ども向けにパステルカラーで彩色された室内や、子ども相手に優しく対応する様子からはイメージしづらいかもしれませんが、実際には他の科に比べてもかなり高度な看護技術を必要とする科です。たとえば、注射や点滴を打つにしても、子どもの血管は細く、しかも嫌がったり泣いたりと、じっとしてくれない中でスムーズに行うのはかなり難しい作業ですし、大人の場合ではたいしたことがない血圧や体温の急変が、体の小さな子供には生死にかかわる場合もあるので、常に細かいところにまで気を配っていなければなりません。

しかも、自分で症状や痛みをうまく説明できない子供が相手ですから、顔色や様子で判断しなければならないこともたくさんあります。子どもの治療といっても、実際に症状を聞いたり説明したりするのはその親になりますから、子どもの体調でデリケートになっている親に対して、気遣いができることも必要になるでしょう。もちろんすべての子どもが元気に回復していくわけではないので、重篤な患者の集まる総合病院や大学病院では子ども好きであるがために、辛い現場に立ち会うことも多くなるかもしれません。それでも、子どもの笑顔がみたいからといって、頑張る看護師は多いのです。

小児科自体の数は、少子化の影響もあって減少傾向にあると言われますが、それでも看護師が不足している病院は多く、「小児科で働きたいけど働き口が見つからない」という状況ではありません。東京についてもそれは同じで、小児科で採用されるのが特別難しいということはないでしょう。ただし、総合病院の場合は小児科に配属されるとは限らないので、どうしても小児科を希望するという場合には、個人病院などを選ぶのがおすすめ。

個人病院の場合は寮などの住宅施設がない場合が多く、夜勤がないこともあって総合病院よりは給料もかなり低くなってしまうので、東京で一人暮らしをするのであれば、厳しくなるかもしれません。その場合は、小児専門の大きな病院に入職して寮に入るというのも一つの方法です。個人病院にせよ総合病院にせよ、求人を探す場合は、転職サイトや看護師を専門とする転職エージェントを利用するのが近道。小児科に限定して探すならば、それも可能です。条件に合った病院がすぐに見つかるとは限らないので、こまめに情報をチェックして、タイミングよく応募できるように準備しておきましょう。

東京の小児科の看護師求人ならココで探そう!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国