眼科の看護師求人情報

東京の眼科の看護師求人を探す

眼の診察を行う眼科の看護婦は、どのような仕事をしているのでしょうか。その点についは、勤務先によってかなり違いがあります。最も大きな違いは、その病院が手術を行うかどうかということ。一般的に個人などで開業している医院では、入院施設などがないため手術は行わず、必要があれば設備の整った総合病院などを紹介することもあります。こうした個人病院に勤めた場合、看護師が行うのは検査や医師のサポートが中心で、それほど大変な職場ではありません。夜勤もありませんし、残業も少ないので、自由な時間をしっかり持ちたい人にも向いているでしょう。ただし、夜勤手当などがないため給料の面ではどうしても低くなる傾向があります。

一方、総合病院では毎日何件もの手術が行われているので、手術のサポートや入院患者のケアが主な業務になります。手術といっても、大半は白内障などのお年寄りなので、短期間の入院で退院していきますし、身体的な疾患ではないので比較的元気なのも特徴。とはいえ、目が見えないと意外と不便な点も多いので、危険がないようにしっかりケアする必要があります。また、場合によっては視力が失われるような疾患の患者も訪れることになるので、そういった患者のメンタルケアも重要な仕事です。

東京では一時期レーシックの流行などで眼科が増えた時期はありましたが、現在は落ち着いているようで、それほど目立った増加はありません。とはいえ、慢性的な看護師不足は続いているため、眼科で働きたい場合は転職サイトや転職エージェントを使えば比較的スムーズに求人を見つけることができるでしょう。業務で行う検査では、特殊な器具を使って行われるものも多いので、そういった器具の扱いを覚えることも大切。眼科での経験があれば比較的簡単になじめるかもしれませんが、初めは覚えることも多くなります。

病院の絶対数が少ないこともあって、手術を行わない個人病院でも外来の患者で毎日かなり忙しくなりますが、やりがいはある職場です。東京は、総合病院の数も多いので、眼科にこだわるのでなければ総合病院に勤務したほうが、給料も福利厚生も良い場合が多くなります。その代り、配属先については希望通りにいくとは限りませんし、眼科に配属されても数年後には別に科に異動になる可能性もあるので、どうしても眼科がいいのであれば、個人病院を選ぶのが無難でしょう。パートタイマーなどでの求人が行われている職場も多いので、子どもが学校に行っている間だけ働きたいという看護師にもおすすめです。

眼科の看護師求人をお探しなら以下の転職エージェントを利用すると便利です!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国