東京の国立病院機構の看護師求人を探すなら!

看護師求人東京TOP > 国立病院機構

東京の国立病院機構の看護師求人を探すなら!

看護師が公立の病院で働くことにはいろいろなメリットがあります。その一つが安定した雇用と収入を得られるというものです。固定給や初任給だけを見ると、民間病院の方が高収入になりますが、経営状況によって雇用が不安定になることもあることを考えると、公立病院の方が安心できると考える人は少なくありません。その中でも、国立病院機構によって運営されている国立病院は、いろいろな面で利点を持っていますので人気の看護師求人となっています。

国立病院はそれぞれの病院で採用を行っているわけではなく、国立病院機構という運営母体がまとめて行っています。しかも、関東や近畿など、エリアごとに採用を行っているという特徴があります。そのため、特定の病院に行けるというわけではなく、エリアの中のいずれかの病院に配属されるという形を採ります。しかも、定期的にエリア内の国立病院に転勤になるというシステムとなっています。こうしたことから、転勤を受け入れられる人など、ある程度自分の生活環境への変化を許容できることが必須となってきます。

国立病院機構に勤めると、基本的に公務員に準じる雇用条件が適用されることになります。初任給は20万円程度で、各種手当を含めても20万円後半というところです。一見すると給料が安いようにも見えますが、毎年確実に昇給がなされますので、勤務を続ければ続けるほど良い条件で働けるようになります。また、ボーナスの支給基準も月給の4か月分程度となっていますので、まとまった金額を受け取ることができるでしょう。長年勤務を続ければ、民間病院よりも高い年収を得ることも可能ですので、長い目で見ると良いでしょう。

さらに、国立病院機構のエリア内で定期的に転勤がありますので、いろいろな病院に勤められるというメリットもあります。国立病院は国策医療を行っていて、それぞれの病院で異なる専門分野を持っています。レベルの高い医療を提供できるように、充実した設備とスタッフが揃っていますので、様々な現場で経験を積むことによって、視野の広い看護師として成長できる機会を与えられることになります。いろいろな専門資格を取るための研修やサポートもありますので、キャリアアップをするのにも向いている環境となっています。安定した雇用と自分磨きができる環境があり、将来性のある職場と言えるでしょう。毎年国立病院機構の各エリアで採用情報が発表されますので、詳細を確認してみると良いでしょう。

国立病院機構の看護師求人をお探しなら以下の転職エージェントを利用すると便利です!

1位 ナースフル
利用料金 無料
対応エリア 全国
2位 ナース人材バンク
利用料金 無料
対応エリア 全国